横浜で会社設立を検討されている方は横浜会社設立サポートセンターへ

会社設立の手続きをお考えの企業家の方へ 横浜会社設立サポートセンター メイクル経営管理事務所

  • HOME
  • 安さの理由

安さの理由 

4万円もコストカット!

kaita04.PNG

なんと!

行政書士に依頼すると、
印紙代の4万円が節約できます!


会社設立は、電子定款による申請によって、自分で手続きするよりも
安く出来てしまいます!!

横浜市を中心に会社設立を誠心誠意支援させていただいております。


定款を作成する際のルール

(1)定款の作成は社員(※会社に雇用される従業員ではなく株式会社の株主のこと)全員で行う

(2)定款は2通作成して、1通は「会社保存用原本」、1通は登記申請に使用するための「謄本」となる


(3)定款には社員(同上の意味)全員が押印する


(4)2通作成する定款のうち「会社保存用原本」については、定款の表紙の裏面に4万円の収入印紙を貼付して消印を行う


4万円の収入印紙は、ご自身で設立をする場合は、必要ですが、当事務所にお任せ頂ければ、必要ありません。

 

 

定款のオンライン申請で電子定款申請で4万円のコスト削減

定款とは、会社の組織や運営に関する基本ルールを記載した書面のことで、「会社の憲法」ともいわれるほど重要なものです。

近年、電子(PDFなど)で作成した定款でも、認証を受けられるようになりました。


この電子で作成した定款を電子定款と言います。


なお、その電磁的記録に記録された情報については、「法務省令で定める署名または記名押印に代わる措置をとらなければならない」とされています。


簡潔に言いますと、この電子定款の最大のメリットは、紙で作成した定款作成・認証の際に
必要である収入印紙40,000円分が不要になるということです。


ようするに、当事務所にご依頼頂くと、電子定款によって作成しますので、印紙代40,000円が浮くということです。


お気軽にお問い合わせ下さい。


 

無料相談などその他のコンテンツは、以下をご覧下さい。

無料相談実施中!

料金表

事務所概要

代表者メッセージ
yuudo1.PNG

0120-855-464


banayudo060001.png